株式会社ダイヤテクニカ

株式会社ダイヤテクニカ SDGs宣言


 

株式会社ダイヤテクニカは、自分の身体は自分で守る「セルフメディケーション」の理念のもと、人々に健康意識の啓蒙を行って参りました。そしていま、地球の自然環境を守る活動や、持続可能な社会を保つ活動にも目を向けています。私たちは、「体を温めて健康になる!」という使命のため、SDGsSustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、目標達成に向けて様々な取組を行っています。


SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて掲載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGaは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

詳細はこちら

株式会社ダイヤテクニカはSDGs達成に貢献するため持続可能な3つの目標にコミットし取り組んでいます。

 
 

持続可能な開発目標3「すべての人に健康と福祉を」

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する


 
 
 

 
 
 

 

株式会社ダイヤテクニカはNPO法人日本レホルム連盟が推奨する「体質を改善してより健康に」という市民運動「レホルム運動」に参加しています。

 

日本レホルム連盟憲章

1.私達は、健やかに生きるための手段を学びます

1.私達は、若く美しく生きるための手段を学びます

1.私達は、学んだ知識を実行に移して自分の手で命を守ります

1.私達は、すこやかな命の喜びを人々と分かち合います

 

【ダイヤテクニカの取組み】

●未病コンセプトの発信

●体温管理士の養成を通して365運動(365日体温36.5℃を維持しよう!)を推奨する

●腸内環境解析士の養成を通して、腸内環境の改善を目指す



持続可能な開発目標8「働きがいも経済成長も」

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する


 

 

”温め+運動”で健康を提供する「温活カフェ」を展開

ボランタリーチェーンとして運営

 

株式会社ダイヤテクニカは、NPO法人日本レホルム連盟の認定資格「体温管理士」取得者が、その資格を活かせる場(温活カフェ)を展開し、社会貢献できる人材育成に取り組んでいます。

 

【ダイヤテクニカの取組み】

●未病に対応する体温管理士および腸内環境解析士の資格を活用し、社会で活躍できる人材の育成


障害をお持ちの方の社会参加を応援しています。

DM封入などの軽作業の委託。

 

株式会社ダイヤテクニカは、NPO法人おだわら虹の会ありんこホームの理念に賛同し、障害をお持ちの方に作業活動を提供し、地域社会の一員として、自立した日常生活と社会参加を応援しています。

 

【ダイヤテクニカの取組】

●地域の福祉関連団体などと連携し、障害のある方の社会参加を応援



持続可能な開発目標13「気候変動に具体的な対策を」

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策をとる。


 
 

 

※現在、グループ会社全体で取り組んでいます。ダイヤテクニカでも登録中です。


 

低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」への参加

 

株式会社ダイヤテクニカは、環境省が進める低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参加しています。

Fun to Share の活動宣言”ホッとひといき考えよう!みんなの力で低炭素社会へ!私たちは低炭素社会に向けて取り組んでいます。

 

【ダイヤテクニカの取組】

ミーティングを事務所内で行い、会議室利用を削減し省エネルギーの実施

社用車に低公害車(ハイブリット車)利用

事務所内の照明設備にLEDを使用


株式会社ダイヤテクニカ サポートセンター:神奈川県小田原市成田68-1